ところで、フィーリングリフォームって?


こんにちは!
空室対策アドバイザー 小萩有希子です^^

 

2室の空室を6ヶ月も放置してしまった大家コハギが

「フィーリングリフォーム」山岸さんの個別相談会を受け、

コンサルティングを受けることにしました!

 

 

ところで、山岸加奈さん提唱の

「フィーリングリフォーム」ってなんぞや?

 

私がコンサルを申し込もう!と決心した、その魅力をお伝えします!

 

 

これは大家さん垂涎の、みるみる満室になるメソッドですが

実にシンプルなんです。

↓↓↓

 

 

これだけ!

 

シンプルでしょう??

 

でも、これができない大家さん、本当に多いんです。

なぜなら、

 

「大家さんは、孤独だから」です。

 

ふつう、仕事ってチームで行います。

 

もしあなたが経営者で、常にハイパフォーマンスを保ちたいと思ったら

各得意分野に長けた人を集めて、チームを組んで動かすことを考えますよね。

 

チームを組むと、ただ手数が多いだけではなく、

あらたなアイデア、新しい視点や切り口。

チームで動くからこそ、大きな力が発揮できます!!

 

そして

1人より2人、4人、10人・・・と集まると

1倍より2倍、4倍、10倍、それ以上の相乗効果が得られます!!
ですが、巷のほとんどの大家さんは、孤独です。

 ・ 2代目、3代目大家さん

 ・ サラリーマン大家さん

 ・ 専業大家さん ・・・などなど。

 

みなさん、孤独な戦いを強いられています。

 

 

孤独な戦いは、

エネルギーも浪費し、

視野も狭めます。

 

特に、わたしのようなサラリーマン大家さんは、

時間も余裕もない中、隙間を工面して対応する必要があります。

が、部屋が埋まらないと、焦る。焦る。焦る。

 

そのうえ、孤独だと、なおさら焦る。

 

焦ると、アイデアが出てこない。突破口がみつからない。

空室がさらに増える。さらに焦る。テンパる。

 

こうなると、悪循環です。

 

だからこそ、空室が出た!という「非常事態」に、

 

※ あえて、非常事態と書かせていただきますね。

経営者目線だと、大家にとっての空室は

収入減に直結する「非常事態」です!

 

いち早く、効率よく対処する必要があり、

そのためには、「チーム」で動く必要があるんです。

 

 

そう。

「フィーリングリフォーム」は「チームで動く」から

実績が出せるんです。

 

 

フィーリングリフォームは、

2年で600室以上空室を埋めた実績があります。

 

1年目は、100室。 → 1年100室。

2年目は、500室の空室を埋めました。 →1年400室!!

 

加速度的に、空室が埋まるスピードが上がっています。

 

それだけ、チーム内に知見が蓄積され、
よりスピードアップ、パワーアップしているということ。

だからこそ、このチームで空室対策に臨むことは

非常に効率が良く、また、良質な知見を得られ

結果、長いこと空室だったところも、みるみる満室に変わっていくのです!

 

 

忙しい大家さんほど(私のようなサラリーマン大家さんなど!)

ぜひ、フィーリングリフォームの威力を感じていただきたいと思います!

 

 

私も、このフィーリングリフォームを実践することで

サラリーマンをしながら、効率よく空室対策をすることができました!

 

あ。コハギの物件の、フィーリングリフォーム実践記を書くスペースが

なくなってしまいました。。。

次回から、詳しくご紹介しますね!!