【大公開】満室になった秘訣とは!?(横浜保土ヶ谷1R 5.4万円)


こんにちは!

「新米大家さんが、明るく楽しく満室経営ができるお手伝い!」

小萩有希子です。

 

 

そろそろ、9〜10月のプチ繁忙期が終わり

賃貸業界ではちと心寂しい

 

「一年で一番の閑散期!」

 

の11月を迎えようとしていますね。

 

 

ですが、

埋まる大家さんは、この時期も埋めています。

 

 

 

大家として、もっとも大事なのは

 

一年で一番の繁忙期に備える!

 

そう。

1〜3月が、賃貸業界の「繁忙期!」

 

 

あ。ちがいますよ!!

繁忙期=お客さんがいっぱいくる

とはちがいます。

 

 

繁忙期は、出る人も多いんです!

 

 

 

なので、いま空室のあるオーナーさん。

1〜3月に備えて、空室対策を学びたいオーナーさん。

 

その考えは、正しい!!

 

 

「再現性のある空室対策メソッド」

 

を身につけておけば、

いつでも「満室大家」になれます!

 

 

今回は、コハギ物件の事例をご紹介します。

 

つい、2日前に、1部屋埋まり満室になりました!

 

 

 

【事例紹介】

 横浜市保土ケ谷区 1R 5.4万円

 築8年 駅から徒歩11分

 

 

【背景】

 9月に1部屋空きました。

 7月末からその事実はわかっていました。

 

 

【やったこと】

 コハギは、7月にすぐ管理会社と連絡を取り、

 作戦会議!

 そう!「フィーリングリフォームの」

 3つのメソッドです!

 

 

 

 まずは、現状把握から。

  • 近隣の家賃相場との比較
  • 近隣の「満室になった事例」の有無と分析
  • 入居付「諸条件」の比較、検討
 この結果、「ADを1ヶ月→2ヶ月」にしましょう
 との話に至りました。
 
 ペルソナ設定も、「転勤してきた女性」でOK!
 物件広告も、マイソクやネットなど、しっかりチェック。
 
 そして、様子を見て、チェック!
 「PDCA」です。

 

 が、わたしは、裏ミッションがありました。

 それは

 

 「この管理会社は、大丈夫・・?」

 

 過去、1年間のお付き合いで

 客付が弱い印象があったんです。

 

 この1部屋のハンドリングで

 この管理会社が繁忙期に

 耐えられるかどうかを

 

 見極めようとしていました!

 

 

【7〜9月 メソッド実施後、PDCAの結果】

  • 成約 → ゼロ
  • 内見 → ゼロ
  • 問い合わせ → ゼロ
  • ネット反響はどうですか?
    → 「僕パスワード知らないのでわかりません」
  • どこを見直せばよいですか?との質問に対し
    → 「この地域、全然引きあいがないんですよねー」
      「引き続きがんばりまーす^^」
  • 「仲介さんを回ってきます!」と言っていたので
    その後、反応はどうでしたか?と聞いたところ、

    → 「ビラ置いてきただけでーす!」
 
これは・・・、やる気あるんか!?!?(怒) 

 

 

いえいえ。怒ってはいけません。

おかげで、踏ん切りがつきました。

 

PDCAの結果、

 

「管理会社変更」

 

の判断に至りました。

 

 

わたしの管理会社は、

終了したい3ヶ月前に連絡する必要があるのですが

 

10月に変更連絡をしておけば、

ギリギリ1月からの繁忙期に合わせ

体制構築ができる!

 

と判断し、

新しい管理会社さんを選定。

 

 

そちらにお願いしたところ

そこの、あたらしい管理会社さんが、

10日で決めてくれました!

 

 

もちろん

管理会社選定も

やみくもに選んだり

噂で選んだりしたわけではなく、

 

 

PDCAを実施して、選定しました!

 

 

こちらの話は、また別の機会に!

 

 

大家さんが

空室に悩むことなく、

 

 

幸せな賃貸経営ができるよう

応援しております!

 

小萩有希子